民事再生

最近は過払い金を取り戻せます、という司法書士事務所のラジオCMをよく聞きます。


かつてのグレーゾーン・高金利時代に契約した人は、まだ返済をしている人だけでなく既にに返済が終了している人でも、当時の金利を違法として現在の金利との差額分を返済する、とうものです。


このCMは、100万円以上の返還を受けた人が1万人以上います!というインパクトある内容が印象的ですが、同時に借金の相談は司法書士や弁護士にすればいいのでは?という示唆を多くの人に与えた効果も大きいと思います。
借金の返済に困っている人には、債務整理という救済方法があり、それは司法書士や弁護士が窓口になり対応してくれます。
本当に借金の返済で困っている人は精神的にも余裕が無く、どうしたらいいか分からない状況だと思います。


そんな時に、司法書士や弁護士に相談すれば何とかなるかも知れない、というある意味希望のメッセージになっているのです。



民事再生-1
いきなり民事再生、と言われてもよく分からないと思います。
もし借金返済の相談を司法書士や弁護士にした場合、その人の借金状況から、幾つかある債務整理方法の中で最も良いと思われる方法を紹介してくれることになると思います。


債務整理は主に次の4種類があります。


(1)過払い金返還 (2)任意整理 (3)民事再生 (4)自己破産


ここでは、(3)民事再生についてご説明します。


民事再生とは、一言で言うと(2)任意整理と(4)自己破産の中間的な借金返済方法です。


勿論これだけでは全然分かりませんね。
任意整理とは、司法書士や弁護士が借金の当事者である金融業者と現状の返済方法や返済額などの見直しを交渉して、何とか支払いが可能になるようにするものです。


裁判所を通さない手続きであり、債務整理の方法としては最も多く使われている方法です。
それに対し自己破産とは、これ以上の借金返済が出来ないことを裁判所が認めれば自己破産となり、それ以降は借金の返済をしなくても済むようになりますが、高額の個人財産は原則処分となります。



民事再生-2
つまり民事再生とは、借金全額の返済義務が無くなる訳ではありませんが、同時に住宅等の高額財産を処分しなくてもいいという中途半端な自己破産のようなものです。


更に借金の一方の当事者である金融業者との見直し交渉も並行して必要ですので、手続き的には複雑となります。
メリットとしては、借金の大幅減額(督促の停止)、個人の高額資産の継続所有、自己破産では原則NGのギャンブルや浪費が原因の借金も対象OKというところです。


デメリットとしては、手続きの複雑さによる時間と費用・手間が掛かる、ブラックリストに載ることから10年以内の新たな借金やカードの作成が出来ない、等です。


尚、民事再生で個人を対象にした場合は、個人民事再生、または個人再生とも言います。

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

Powered by Movable Type 6.1.1