任意整理

danjyo.jpg今どき、借金は簡単に出来ます。返済の事を考えなければカードで買い物し放題、キャッシングも簡単です。
でもそんなことをして、返済が出来なくなったらどうなるか、皆んな知っていますので、自分の身の丈にあった借金に抑えるべく欲しいものがあってもグッと我慢するのです。


それでもちょっと背伸びして大きな買い物をすることもあるかも知れません。住宅やクルマのローンは悩みに悩んで大きな借金をする決心をするのです。
一方、どうしても必要な資金繰りが上手くいかず、返済のあてもないまま借金をせざるを得ない人もいるかも知れません。



返済
そうなると、返済の仕方もいろいろです。
無理なく返済をしている人もいれば、結構ギリギリの生活になっている人もいるでしょう。
そして中にはもうどう返済していいか分からないほどに、返済に迫られている人もいます。


返済がどうしても出来そうにない場合、それを救済してくれる仕組みはありますが、その仕組を知っているひとはどれ位いるでしょうか。
その救済の仕組にはどのようなものがあるのでしょうか。



債務整理
その返済を救済する仕組みを債務整理といい、代表的には以下の4種類があります。


(1)過払い金返還 (2)任意整理 (3)民事再生 (4)自己破産

・任意整理
債務整理の内、任意整理についてご説明します。
任意整理とは、司法書士や弁護士が消費者金融などの金融業者と現在の返済方法や返済額などを交渉して、何とか支払いが可能になるようにするものです。
裁判所を通さない手続きですので、裁判所への提出書類等はありません。それもあり、債務整理の方法としては最も使われている方法です。

任意整理のメリット
司法書士や弁護士に任意整理の依頼をすることで、督促等はすぐに止まります。
手続きが完了すると、将来の金利が原則的に免除されます。過払い金も見直されます。
裁判所を通しませんので、負担も少なく、自己破産などのように官報に載ることはありませんので、周囲にその状況を知られることはありません。
自己破産などのように、財産の処分や、特製の職業に就けなくなるなどの制限もありません。
クルマのローンはそのまま等の、柔軟な対応も出来ます。

任意整理のデメリット
残念ながらデメリットもあります。
5年間程度は所謂ブラックリストに載ることから新たな借金やカードローンを利用することは出来ません。
任意整理は裁判所を通さない話し合いでの解決策なので、借金の減額に強制力はなく、結果金融業者によっては話し合いが付かない場合もあります。
一般的な金融業者であればそのようなことはありませんが、話し合いがつかない場合は解決がおくれることがあります。


アルバイトでも安定した収入があれば任意整理は可能ですが、無職では任意整理が出来ない可能性がります。なるべく早く就職してその後に任意整理となります。

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

Powered by Movable Type 6.1.1